太陽光発電と蓄電池

太陽光発電と関係が深いのが蓄電池です。

蓄電池と太陽光発電をセットで導入すると、このような

メリットがあります。

◇太陽光発電で発電した電気を貯めることができる

発電した電気を貯めることにより、夜間使用可能になります。

◇月々の光熱費が下がる

貯めた電気を夜間つかうことにより、電力会社から買うこともなくなるので、

より、経済的に良くなります

◇非常時や停電時に使える

貯めた電力をいつでも使用可能だからです。

 

太陽光発電と蓄電池は相性が抜群です!!

デメリットもご紹介しましょう。

▲価格が高い

太陽光発電とも同じくまだ価格が高いのが伝場です。

▲蓄電池を置くスペースが必要

蓄電池を置く場所は高温や低温になりにくく、良い状態を長く

続けられるスペースが必要です。

近年コンパクト化も進んでいたり、キャスター付きの移動しやすい

蓄電池も販売されています。

▲電気ロンダリングのリスクがある

これは太陽光発電と一緒に使用してる場合に起こるかもしれないのですが、

電気ロンダリングとは、夜間の安い電気を蓄電池に貯めて昼間に使用し、

発電した電気を全て売電し、売電収入を得ることです。

犯罪になってしまうので、気を付けましょう。