太陽光発電と屋根

太陽光発電システムを導入する際に太陽光パネルを設置する屋根との関係は

とても重要です。太陽光発電をつけたくても、屋根の形や条件が合わないから

付けられないといった場合もあります。では、一般的にどのような屋根、環境が

太陽光発電に最適なのでしょう?

・屋根の南面が広い

・日当たりが良い

・周りに影になってしまうような建物や木々などがない

・複雑な屋根ではない

太陽光発電が最も発電しやすい屋根の形は、切妻や片流れです。

その方角が南向きであれば、なお良いでしょう!一番広く太陽の光を受けやすい形です

寄棟も南面だけでなく、西や東にも太陽光パネルを設置できますが、

その代わりコストがかかってしまうでしょう。

屋根の角度も30度が最適だといわれています。

このように条件で最適なのか、不向きなのか実際に現場調査をして

みると、満足のいく結果につながると思います。

屋根の条件に合った太陽光パネルのメーカーなどもあるので

諦めずに、自分の屋根に一番最適なメーカ選びも大切です。