未来の太陽光発電の買い取り制度

平成26年度の固定価格買取制度では、10kW未満で「余剰・37円・10年間」、10kW以上で「全量・32円(税込34.56円)・20年間」の買取期間及び価格が保障されるという割れています。それでは「10年後、20年後の買取保証期間が終わってしまったらいったいどうなってしまうのだろう」という疑問を持っている人も多いのではないでしょうか。

政府の環境政策は「再生可能エネルギーの普及」を目的としているのす、固定価格買取制度はその助成策の1つと考えている。具体的には「10年以内で初期投資を回収できること」を基準として買取価格を設定しています。裏を返せば目安の初期投資回収期間である10年を過ぎたら、その買取方法については制度の管轄外になるといってもいいでしょう。ですので、これからの未来の太陽光発電のことを考え、しっかりと理解しておくことが重要になってくるのです。

その中で予想できることを上げていきます。

固定価格買い取り制度上の認識は固定価格買取制度の終了後は、管轄の電力会社がそれぞれ買取価格を決められるということになっています。つまり国からの規制が終わるので、各々の業者でなんとかしてくださいという事になるでしょう。

売電自体がなくなるという事ではないという予想ができます。「10年後は制度自体がなくなるかも」とうたっているところをよく見かけるのですが、これは買い取りがなくなるという風にとらえる必要性はありません。作った電気を無駄にするという事は考えないでしょうから何らかの方法を持って売電というものは残るのではないかと考えます。

とは言ってもその答えが出るのは2019年といわれています。今は大まかな予想しかできないですが、初めて具体的な答えが出るようになるなるまでもう少し時間が必要だという事です。