東日本大震災での活躍

2011年3月11日に起きた東日本大震災。東日本を中心に福島、岩手、宮城、茨城等多くの被害をもたらしました。

震度7の地震により各地の電力会社も被害を受け、電力が供給されなくなるなど、非常事態に。

電力が普及しても各地で電力不足が起こり、関東でも計画停電や節電活動が活発に。

震災後の電力不足問題はかなり深刻なものでした。

そこで活躍したのが太陽光発電システム。

色んなメーカーの太陽光発電を被災地に送り、電力が普及していなかった地域や

各避難所で電力を使うことができ、とても役に立ちました。

太陽光の電気を貯めることができる蓄電池は、特に活躍しました。

蓄電池は昼間に発電した電気を貯めて夜間に使用可能なので

計画停電が起きた地域などでも、問題なく計画停電中も家電を

つかえてたのです。

最近まではあまり蓄電池は普及してませんでした。

震災後は太陽光発電、蓄電池が注目され、省エネだけではなく震災時や非常時用に

力を発揮する太陽光発電を導入しようかと検討された方が一気に増えたそうです。

今後も注目です。