太陽光発電 デメリット

太陽光発電を設置するにあたり、メリットばかりということもないので

デメリットもいくつかご紹介しましょう。

1 初期費用が高い

太陽光発電システムの価格は安くはありませんが、5年~10年くらいで

元が取れる計算になっています。その後の売電したものはそのまま収入になります。

2 発電が不安定

太陽光発電は昼間太陽があれば発電しますが、天候や季節によって発電量が

左右されることが多いです。夜間は発電できないので、日照時間や強さに

影響を受けやすいです。

3 補助金がなくなり始めている

太陽光発電を導入するにあたり、後押ししてくれていたのが国からの

補助金ですが、2014年で国からの補助金は終了しています。

今は県や市町村の自治体でだしている場合のみですし、その地域も

限られているのでまだ終了しないうちの導入がおすすめです。

4 詐欺や悪質な業者がいる

太陽光発電が注目されてきてから、悪徳な太陽光業者も増えてきて

トラブルが起きたケースも少なくはありません。

契約を焦らせて来たり、得点やキャンペーンなどと言って

良いことばかり言ってくる業者は要注意です。

太陽光の説明も丁寧であったり、導入まで親身になってくれる

業者をみつけましょう。